離婚裁判に勝つために

離婚裁判で絶対に勝つために

実際に離婚裁判をする夫婦というのは離婚をする夫婦の1%ほどしかいません。殆どの場合は話し合いでの離婚そのほかは調停離婚とされています。離婚裁判を行ううえで争うことができる内容は以下のとおりです。

 

  • 離婚をするのか
  • 慰謝料を払うのか?払うならいくらか?
  • 財産分与を払うのか?払うならいくらか?
  • 親権
  • 養育費を支払うのか?またいくら払うか?
  • 親権を持たない側に面会交流の有無

 

ちなみに離婚裁判をするためには前もって離婚調停をする必要があります。ですので事前に調停を済ませておきましょう。また離婚裁判を行う上で離婚の理由となるものが必要になります。具体的には以下のようなブログです。

 

  • 相手に不貞行為があった場合
  • 相手による悪意の遺棄があったこと
  • 相手の生死が3年以上不明であること
  • 相手が強度の精神病にかかって回復の見込みがないこと
  • 婚姻の継続が困難で重大な事由がある場合

 

このサイトを見ている方の多くは相手に不貞行為があった場合に当たると思います。この場合裁判で相手の不貞行為を立証する証拠を提出しなければなりません。また離婚裁判においては普通弁護士を立てるのが一般的です。もしすでに探偵社などで浮気依頼をしている場合はそこの探偵社で離婚裁判に長けた弁護士などを紹介してもらえると思います。

 

すでに探偵社で確実と言える証拠を手に入れることができていれば間違いなく離婚裁判に勝つことができるでしょう。