浮気相手とのメールは証拠として認められない

浮気相手とのメールは意味が無い

あくまでも裁判の証拠としてですが離婚調停などのときに不貞行為があったかないかで慰謝料などの有無が変わってきます。このときに例えば浮気相手とメールで不貞行為があったことをほのめかすようなやり取りをしていたとします。これを証拠として提出しても残念ながら裁判では一切証拠として認めてもらうことが出来ません。

 

その理由は簡単で例えばそのメールはふざけて送ったものだと主張されてしまえば不貞行為があったかどうかを証明するものとしては一切役に立つことはありません。ただ本人が浮気をしたこと認めたのであれば裁判の証拠になります。ですが調停以前に認めていたとしても調停の時に認めなかった場合は不貞行為を立証することが出来ません。

 

ですのでそういったことにならないためにも相手が浮気を認めたのならその旨を書面に書いてもらうことが非常に大切です。もしそれがなく不貞行為を調停で認めなかった場合は調停も長引いてしまいますし新たに証拠を集めようとしても警戒をされてしまうため慰謝料を請求することが困難となってしまうでしょう。

 

ちなみに裁判で不貞行為を認めてもらうための証拠は浮気相手と一緒にラブホテルに入る、もしくは浮気相手の家に行くなどを複数回行なっていることを日付入り写真で用意し報告書にまとめることです。ちなみに1回だけだと認めてもらえるかはなんとも言えません。複数回同様の行為があって初めて不貞行為があったと認めてもらえることになります。

 

また細かい話ですが浮気相手の自宅よりもラブホテルのほうが少ない回数で不貞行為があったと認めてもらえるようです。ラブホテルは性交渉を行う場所という認識があるためでしょう。