慰謝料を大幅に引き上げる

慰謝料を大幅に引き上げた解決事例

Aさんはパートナーである夫が不倫をしていることに気付き、自分で直接不倫相手のところに行き話し合いをしました。ですが不倫相手は不倫の事実を認めず謝罪もしませんでした。後日その不倫相手が代理人弁護士を立て低額示談を申し入れる書面が届きました。

 

Aさんはこの浮気相手の態度にも腹を立てきちんとした責任を取ってもらいたいという思いから弁護士に相談をしました。Aさんは夫と離婚をするよりも先に浮気相手に慰謝料を払ってもらいたいと考えていました。それまでの浮気相手から受けた精神的苦痛が非常に大きかった為です。相談の時点では確証たる浮気の証拠というものはありませんでした。

 

弁護士側の対応としてはまず不倫の証拠を集めることが大切と判断して不貞行為の調査について探偵に依頼をし不倫の証拠となる報告書を作成しました。そのうえで民事調停を申し立てるに至りました。最初に不倫相手が提示してきた金額よりも大幅な慰謝料を引き出すことができ調停を成立させることができたのです。

 

大切なポインととしてはやはり不貞、不倫の証拠をまず何よりも先に固めたことが大切でした。不貞に関する念書などはあとあとなかったことにされないように抑えるべき大切なポイントもあります。そういったポイントも離婚問題に明るい弁護士を頼ると望む結果を手に入れられることでしょう。