LINEで発覚する

LINEで得た浮気の証拠の有効性

単純に相手に浮気をしていたかどうかを確認するならLINEの証拠は十分相手に認めさせるだけの力になります。ただし注意をして欲しいことがあります。

 

それは相手が浮気をしていて離婚となったときにLINEに残っている浮気の証拠と言えるものは裁判などになったときにうわきの証拠としては認められません。

 

最近ではベッキーのゲス不倫事件があったのでLINEの力は大きいものと言えますが裁判では携帯のメールやLINEの履歴は証拠としては認めてもらえません。

 

これは古い慣習のようなものなのですが裁判で証拠と認めてもらう為には浮気相手とホテルに入った所、出てきたところなどを日時入りの写真などを複数用意しないとならないのです。

 

単純に浮気を認めさせ浮気をしないように注意をしたいということであればLINE上に浮気の証拠と言えるようなものは本当にたくさん残っていると思います。

 

ですがやはり離婚などになって裁判となるとそれまで浮気をしていたことを相手が認めていても裁判になって認めないということもよくあるのでそういった時はLINE以外の証拠も用意する必要があるということです。


関連ページ

慰謝料を払ってもらえない場合もある
浮気調査を依頼した上で慰謝料、養育費などの支払いを約束したのにも関わらず支払われないというケースは思いのほか多いです。慰謝料請求を考える前に確認しておきたいことがあります。